読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

M×U ― 砂を折る ―

by 小出マワル@BoundaryRime & うさうらら@usaurara

M×U ― 砂を折る ―

by 小出マワル@BoundaryRime & うさうらら@usaurara

M×U ― 砂を折る ―

by 小出マワル@BoundaryRime & うさうらら@usaurara

M×U ― 砂を折る ―

by 小出マワル@BoundaryRime & うさうらら@usaurara さていよいよ最終の第6周目です。残りの4回を大事にやってかなくちゃ! では今回の写真4枚を紹介します。 ちょっと春の気配が感じられるようなものを選んでいます。 最後までよろしくおつきあいくださ…

M×U ― 砂を折る ―

by 小出マワル@BoundaryRime & うさうらら@usaurara

M×U ― 砂を折る ―

by 小出マワル@BoundaryRime & うさうらら@usaurara

M×U ― 砂を折る ―

by 小出マワル@BoundaryRime & うさうらら@usaurara

M×U ― 砂を折る ―

aa使いたかったんですよ、ええ!(ダジャレ) さて、早や5巡目に入りました。モノトーンでひとの居る風景を選んでおります。お楽しみいただけるように頑張ります、よろしくお願いします☆

M×U ― 砂を折る ―

by 小出マワル@BoundaryRime & うさうらら@usaurara

M×U ― 砂を折る ―  写真×短歌コラボの折り返しにあたって

あらためてあけましておめでとうございます。 ばにーさん、並びにここを読んでくださる方々の新年がおだやかな一年でありますように。半年間の連載も半分終了し、後半最初の4枚はアクセントになるような構成をと考えました。預かった写真のなかで動物写真は…

M×U ― 砂を折る ―

by 小出マワル@BoundaryRime & うさうらら@usaurara

短歌の目 自作品総振り返り10選

押し迫ってまいりましたのでわたしもやっておこうかと、「短歌の目」自作品から10首選んでみました。 自分が気に入っているもののなかで、なおかつ☆をもらえたもの10選です。 ・まだ春も味噌も浅き汁なべに雛抱くように豆腐はこびぬ・鳥を見て魚であると…

M×U ― 砂を折る ―

by 小出マワル@BoundaryRime & うさうらら@usaurara 遅くなりましたが、4巡目の写真紹介です。お正月を意識してのセレクトになりました。楽しんでいただければ幸いです。

M×U ― 砂を折る ―

by 小出マワル@BoundaryRime & うさうらら@usaurara

もしもわたしが選ぶなら

「短歌の目」というイベントに月々参加させていただいたおかげで放置しっぱなしだったはてなブログを再開しどうにか一年やってこれました。それをきっかけに相互閲覧の関係も少しずつ増えて、この企画の存在と主宰の卯野さんid:macchaunoの労をとてもありが…

M×U ― 砂を折る ―

by 小出マワル@BoundaryRime & うさうらら@usaurara

最後だから振り返る短歌の目12月

短歌の目最終回ということで、反省とか嫌いでやってなかった「振り返り」をわれもすなむとぞおもふマス。他の方の振り返りもよろしかったからこちら↓からどうぞ。tankanome.hateblo.jp 1. ファー 交点は手繰れないほどファーラウェイそれでも年賀の絶えはし…

たんたん短歌 短歌の目/12月

ぼんやりしていて最近まで気づかなかったんですが、このイベントが今回で一旦終了されるとかで大変残念に思っています。月に一度ムリクリ詠まされるというのもちょうどいいかんじだったのです。再開を願っておりますが、ひとまず主宰の卯野さん、長らくお世…

M×U ― 砂を折る ―

by 小出マワル@BoundaryRime & うさうらら@usaurara

師走ですわ

ってことで今日は振り返り的な記事です。 ウェブ文芸誌「片隅」でのイラスト連載が決まり創作者としての自分を開示する場が必要だなとここを開設した春から、もうすぐ一年が来ようとしています。 伽鹿舎さんから持ちかけていただいた月一回の短歌×イラストの…

M×U ― 砂を折る ―

by 小出マワル@BoundaryRime & うさうらら@usaurara

コラボるおはなし

創作イベントには直参しないですが、そのぶん応援の告知などでなるべく協力したいと思ってるのでここんとこ忙しくしてました。文フリ東京も終わって一段落、今日はこれからのことを二つお知らせします。まずは昨日はてなハイクでらくがきしたのを。てっぺん…

M×U ― 砂を折る ―

by 小出マワル@BoundaryRime & うさうらら@usaurara コラボも三巡目にはいりました。 今回の写真はこの4枚です。 少しだけひねくれたセレクションにしました。ばにーさんのフォルダには綺麗な写真がたくさんあるんですがw 自分の短歌はそういうものにあまり…

M×U ― 砂を折る ―

by 小出マワル@BoundaryRime & うさうらら@usaurara

たんたん短歌 短歌の目/11月

菊の袷がやっと着れると思ったらもう万博公園の紅葉だよりがツイッターで届いていました。焦る焦る! 前回をお休みしたので短歌の目ではお久しぶりです、こんにちは。 さて、九月の末から写真と短歌のコラボをやり始めて、そちらでわりあいぽえじいなものを…

M×U ― 砂を折る ―

by 小出マワル@BoundaryRime & うさうらら@usaurara

M×U ― 砂を折る ―  応答記事にかこつけて

こんにちは。短歌と写真のコラボが九月の末に急発進してアワアワしながらやってきたんですが、ちょっとペースが掴めてきたかなという今日この頃です。せっかくなら「ささやかで個人的な、日々の経験からくる感情の書き留め」にとどまらないものにしたいなと…

M×U ― 砂を折る ―

by 小出マワル@BoundaryRime & うさうらら@usaurara こんばんは。この企画は4枚の写真を一セットにして6回分の連載になります。 それぞれその第一回に4枚分の写真をご紹介することにしています。都合で遅れましたが、二巡目の4枚をご紹介します。 一応、「季…

M×U ― 砂を折る ―

by 小出マワル@BoundaryRime & うさうらら@usaurara

M×U ― 砂を折る ―

by 小出マワル@BoundaryRime & うさうらら@usaurara

M×U ― 砂を折る ―

by 小出マワル@BoundaryRime & うさうらら@usaurara

神戸背デブができるまで

「やっぱりセレブだわー」と言っていただいたので「ふぉっふぉっふぉっ、まんまと騙されておる!」とニヤニヤした神戸の背デブです、こんにちはw こないだここに書いたけど、夏からこっち妄想カフェバーを営業しているのでその一環でお昼と三時のおやつをそ…

M×U ― 砂を折る ―

by 小出マワル@BoundaryRime & うさうらら@usaurara

花うさぎ無計画発電所

昨日のスーパームーンは鱗雲のかたちひとつひとつを裏で照らして、それはそれで美しかった。 さて、去年から続いていた小話 ――猫にやきもちを焼いた茶髪くんからさんざんな目にあわされる黒髪君の巻―― の最終話投稿が来たので、その返礼がわりに置いておきま…

M×U ― 砂を折る ―

by 小出マワル@BoundaryRime & うさうらら@usaurara

ウーパールーパー問題 @「短歌の目」9月

唐揚げにレモンかけるかかけないかそれが問題ウーパールーパーこの歌を、 リズムがめっちゃ好きです。ウーパールーパーは全然文脈から引き出されないはずなんだけど、唐揚げにレモンかけるか問題っていう違うスタンスだとすごくイラッとしてしまう事案を、あ…

写真を詠むコラボはじめます

今日は新しい企画の告知をします。 はてなハイクで長らくお付き合いのあるばにーさん(id:boundary-line)とコラボをすることになりました。 ばにーさんの写真にわたしが短歌をつけ、24回不定期連載するというものです。 ハイクとツイッターとこのブログで同…

写真×短歌 2015.9.15

芋も蓮と同様、葉にはベルベットみたいな産毛があって水を弾いているそうです。 このヤツガシラという芋、一時は葉が全部腐ってしまって、この夏の暑さを乗り越えられるかと心配していました。そして回復してからはその成長ぶりに毎日見とれていました。とこ…

写真×短歌 2015.9.10

二、三日降り続いた強い風雨の翌日に海を渡って六甲アイランドへ行った、その帰りの風景です。 橋脚の赤がとても美しかった。 そういえばはてな題詠「短歌の目」で詠んだものに同じ日の往路での風景のものがありました。 お題は「まつり」で 水平線まつり縫…

たんたん短歌 短歌の目/9月(再提出)

九月の短歌の目に提出したものに、卯野さんがツッコミ入れてくださったのでw 二首練り直してみました。短歌の目の締め切りは毎月10日です。まだ間に合いますよ。あなたもいかがですか? 短歌の目イベント全体をご覧になりたい方はこちらからどうぞ→ 短歌の…

写真×短歌 2015.9.7

この夏はベランダ園芸をごく小規模で再開しました。子育て一段落で余裕ができたせいです、たぶん。まあ、寂しさを埋める意味もあるのだ、たぶん。 草木に癒される年取ったひとの気持ちが、実際にここまできてやっとちゃんとわかった。――というくらいにドライ…

たんたん短歌 短歌の目/9月

秋の匂いがするようになりました。やっと明日からはもとのぼっち主婦に戻ります。1カ月停滞しがちだったお絵かきをがつがつやるぞ!・・・・・・と、そのまえに今月の短歌ですね。最近いろいろこのイベントについての意見を目にして自分も思うことはあるけど、始ま…

たんたん短歌 短歌の目/8月

暑中お見舞い申し上げます。もうお盆前ですよ、信じられますか? クソ暑くて日中まったく捗らない毎日をせめて・・・・・というわけでおやつがいつにもまして楽しみな近頃。ブログはなかなか書けないですがハイクのほうでらくがきと食べログなど書いて過ごしてい…

たんたん短歌 短歌の目/7月

最近パタパタと秋のイベントのアンソロ参加予定が決まって、夏に向けて忙しくなりそうなので短歌の目はとにかく早く書き上げてしまおうと急ぎ足で詠みました。 いつもお世話になるばかりですみません。自分はどうも振り返って書くのがきらいでなんだかお愛想…

日記

水無月記大きなてのひらのカタチをした葉が茂っている。古い住宅によく見るなじみの植木であるが、ヤツデなのかイチヂクなのか考え始める前に眼は上を眺めていた。植物園でみかけるバナナに似た葉が何枚も重なり合って陽光を遮っていて、そのわりには白い壁…

たんたん短歌 短歌の目/6月

早いものでもう四回目の参加です、はてな短歌題詠。よろしくお願いします。 イベントの全体はこちらのリンクからどうぞ→第4回「短歌の目」6月のお題および投稿作品一覧です - はてな題詠「短歌の目」 1.青 梅雨空に乾かぬ単衣干されをり青糸蜻蛉の背筋ただし…

手紙 / 花のうえにも ~ポピー

シルクシフォンのドレスみたいに風になびく花びらや、その優雅さと裏腹の毛だらけの茎が、まるで出口を求めるかのようにのたうつさまや、種類によっては汁から毒が採取されることなど、かなり魅力的です。さっきぐぐっていたら「毒があるなんて知らなきゃよ…

たんたん短歌 短歌の目/5月

これで三度目の参加になります、短歌の目。よろしくお願いします。第3回「短歌の目」5月のお題および投稿作品一覧です - はてな題詠「短歌の目」 四月分の振り返りがまだできないでいるのですが、とにかくこっち!てことで、いきます。 1. うぐいす 新緑を這…

告知 / 文フリでよろしく2(短編小説の巻)

はい、こちら。こっちはコミックじゃなくて小説です! 手にとって本そのもののツクリに、作った人の気持ちがしっかりとこもった本。主催者の象印社のくまぞうさんらしいあたたかさみのある装丁、それでいて中身はアンソロで幅が広い!ごく簡単な世界観だけを…

いちごが甘酸っぱくてごめんなさいね☆

東京での文学フリマが近づいてきましたので、文芸コンピ本にいただいた感想を宣伝方々掲載します。 いつも「問答無用」で新刊を送り付けてくるコラボ相手に「いつかみていろこのやろー」と思っていたので大変嬉しい!w まあ、アンソロに参加しただけだから…