読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

合同短歌誌(ネットプリント)に2つ参加しました

その1 『珈琲日和』

14名参加の合同歌集。珈琲を題材に一人6首ずつ詠んでいます。



          • 自作の6首

一粒で台無しにもなる 読点( ドロップ )を落としてからがわたしの一日

マグカップ2つに 滴下( ドリップ )してみれば澄んでしまうほどの泥水

抵抗とよべるほどのこともなく銀の匙で三日月 ( ほふ )

欠けた碗捨てて責めらるかなしさが四肢のさきから出てゆかなくて

空をゆく 五月雨雲( さみだれぐも )も過積載こぼさぬようにカップ運びぬ

深煎りのアイスが苦手なのだろう6の字に巻く蝶のストロー



☆この歌集はネプリ配信中。情報は下記参照。

A4両面2枚
白黒80円(カラーなら240円)

セブンイレブン
 7/14 23:59まで 51079699
 2枚を1枚→しない
 両面→短辺とじ

その他コンビニ
 7/14 22時まで WFW2YWDWX8
 文書プリント、白黒、両面、横とじ


                                                          • -

その2  『みずつき』

80名参加、一人5首ずつ詠んでいます。なかなか読み応えがありました。

            • 自作の5首

なんべんも空に垂線ひきなおすあの水琴窟の鳴るところまで

ウォオータァアーと叫びたくなる烈しさを押し戻すように傘を拡げて

群青の帳の肢体裂かれればショカショカショカと啼く水茄子

トビウオの跳ねから羽が出るまでの輪廻かさねるように白波

閉じられた二指の間をこじあけて夏へと誘うビーチサンダル



こちらはA5版、全24ページ、80名による480首の「水」がテーマの歌集。
ネプリ配信は終了しています。

                                                            • -

初めてネットで公募されている合同誌に投稿してみたのですが、自分が普段あまり短歌クラスタのひとと交流をもっていないので余計になにがなんやらですw
でもあまり細かいことに気を取られずに、シンプルに、これからも詠みつづけたいなあと思っています^^

合同誌を主宰くださる方々には、心から感謝いたします。
紹介した2誌はそれぞれ #珈琲日和 #みずつき でツイッター検索していただくと情報が出ます。どちらも公募ですので短歌の好きな方は参加なさってみてはいかがでしょうか。


追記:その1の写真でブルーの表紙『七物語』というのは七夕の一日限り配信だった合同誌で、これは公募型ではありません。(未読です)