読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手紙 / 花のうえにも ~藤

f:id:usaurara:20150427233656j:plain


一気に夏めいてきましたね。

ここ数年躑躅のさかりを見そびれていて、昨日は早朝から万博記念公園へ出かけてみました。
首尾よく躑躅が真っ盛り。それだけで満足だったのですが、まだかと思っていた藤までよく咲いていて紫と若緑のコントラストとそのむこうからちらちらと覗く空を懐かしく眺めてきました。

小学校の遠足で平等院のみごとな藤棚に幻惑されてから、枝垂れる花というのが特別なものになった――という話はいつかしたように思います。木の花が好きで、なかでも枝垂れて咲く花が好き。
それは風にそよぐ風情が女の長い髪を想わせるせいかと思っていたのですが、今日植物図鑑風の絵を描いてもうひとつ思い当りました。花びらの色のグラデーションです。枝垂れで好きな桜も藤も、花びらの色に微妙なグラデーションがあります。


f:id:usaurara:20150428201858j:plain

それがエロティックであると説明するのは漫画を描く人にはよく通じると思います。
エロティックな塗りではよく人体の端っこの一部を赤みのある色で塗って全体へグラデさせるのです。
要するに「興奮→充血」の記号ですね。(まあ、それ以前に藤は豆科であの形状ですからいわずもがなではありますけどね!W)

って、そんな話になったついでにエロティックな絵にまつわる思い出をひとつ蔵出しします。



四年生のときのお友達に色白で華奢でとてもきれいなストレートヘアの子がいました。
近所だったので時々遊びに行ったのですが、そこにはほかのおうちで見ることのないものがありました。
琴です。
その当時ピアノやオルガンなら習っている子は多くいたけど、琴というのは当時(もそれ以後も)趣味にしている人をほかに見ませんでした。
彼女はその練習がうまく運ばないことを苦にしている様子で、興味からあれこれ尋ねてもあまり嬉しそうではなかったけど、楽器そのものへの愛情は持っていたようで自慢げに見せてくれました。
あのとき胴のまるみや柱の林立するさまの美しさに触れたのが、楽器の美しさに目覚めた最初だったように思います。

おとなしくてやさしく遠慮がちなその子は絵を描くのが好きで、遊びに行くといつも二人でお絵かきをしていました。
いつもどんな絵を描いていたのかさっぱり思い出せないんだけど、一度だけやけに盛り上がってもの凄くエロティックな絵を描き比べしあったことがあってその絵だけはバカに鮮明に覚えていますw 
たぶん、そういう愚かな行為を共有できたことが(しかも相手がいつもおとなしいあの子だということが)嬉しかったんです。そのあと何度も何度も破り捨てた絵を反芻しました。



その子とはクラス替えになって疎遠になりましたが、二年後に訪問する機会が訪れました。
お母さんが自宅ベランダから飛び降りて亡くなったんです。
わたしはお通夜で声をかけることができませんでした。


あのお琴はどうなったんだろう、あの藤の花みたいな女の子はどう成長しただろうとときどき思い出すのです。


尚、この手紙はこちらの記事↓に宛てて書かれています。
かなでる――夢日記3 - がらくた銀河