読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たんたん短歌 短歌の目/4月

短歌

f:id:usaurara:20150303175900p:plain


今月も参加してみます、はてな題詠「短歌の目」。詳細はこちら↓
第2回「短歌の目」4月のお題および投稿作品一覧です - はてな題詠「短歌の目」


1.入

好きだとか大好きだとか言えるのに齢をとるほど「入れて」が言えない

2.粉

そこここに残る鱗粉拭き上げてあけ放つ窓蝶は発ちたり

3.新学期

アイロンの台張り替えてみたりするふたりぼっちの新学期かな

4.フール

旅に出てカラスが啼けば思い出す山のフールス恐怖症など

5.摘

草摘みて餅を代わりに包みけり灘に生まれて灘に ( )きぬ

6.異

この 地球( ほし )で見るひとの数だけ空がある同床異夢をことばで繋ぐ

7.花祭り

白き花祭りの絞りのようにして ( とき )とツメクサ果つまで遊びぬ

8.あらたまの

あらたまのごはん忘れちゃったワと今日も元気なわたしはサザエ

9.届け

花連れて風の届けゆく先を知らぬことこそ花かと思ひぬ

10.ひとつ

星空をひとつ残らずあなたにあげるそんな歌だけくれたあのひと 



今回二度目の参加なので前回よりは遊びが入ってると思います!
振り返りもまた簡単に書くつもりですが、とりあえず一首だけ釈明をしときます^^


好きだとか大好きだとか言えるのに齢をとるほど「入れて」が言えない

これは、「ネットのおかげで好意を素直に伝えやすくなったけど、逆に群れのなかに入ることが難しくなっている」という大意です。まあ、ご自由に想像していただければいいんですがw


はー、一気詠み疲れました。でも楽しいのでまた次回も参加したいな!皆様もいかがでしょうか。締め切りまでまだまだ時間はありますよ~☆